炎症の強いニキビに効く『ディフェリンゲル』の効果と副作用

ディフェリンゲル

ディフェリンゲルは、2008年に日本で認可されたニキビの特効薬です。

思春期ニキビから大人ニキビまで幅広い種類のニキビ症状に効果があります。

日本では皮膚科などの医療機関で処方されています。

主成分はアダパレンで、美肌成分のビタミンA誘導体・レチノイドとよく似た働きをします。

効果

医者

ピーリング作用でいらなくなった角質を除去して毛穴のつまりを取り除きニキビの炎症を防ぎます。

また、肌の深層にあるメラニンを排除してくれるため、美白としみ・肌のターンオーバーに効果があります。

使い方

洗顔

1日1回寝る前に使用します。

洗顔後、化粧水や乳液をを塗って十分な保湿をしてからディフェリンゲルをニキビにのみ塗ります。

また、にきび跡には効果がありません。

副作用

肌のひりひり・赤くなる・皮がむける など

ディフェリンゲルのメカニズムは角層を薄くして新しい皮膚をしたからどんどん新生させる働きですので、このような症状はニキビに効いている証拠といっても良いでしょう。

副作用は使っている間にだんだん少なくなりますが、それでも肌のかぶれや痛みがすごい場合は使用を中止しましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ